慈天宮

同じ斜面に建っている三座の廟の一座。上から忠義宮朝玄宮ときてここが一番下です。ここから見上げると忠義宮があります。

入り口を千里眼と順風耳が守っているので、てっきり媽祖廟だと思ったのですよ。だから、ずいぶん顔が怖い天上聖母だなと思いました。

しかし、左右に扇をもった天女にはさまれている様式の女神というと西王母です。この山は、ふもとの慈恵堂を始め鸞堂、扶乩信仰の系列が強いみたいなので、たぶんここは瑤池金母を主祭神として媽祖信仰が習合している廟なのだと思われます。

こちらの像が天上聖母でしょうね。なんか姑にいびられる嫁みたいなポジションですが。

福徳正神。考えてみれば福徳正神も関聖帝君や中壇元帥と同様、系統に関係なく信仰されている神様です。

こちらは地蔵王菩薩を中心とした仏教系のみなさん。

右端の旗に「五府千歳」とあります。

関帝聖君の後ろに並んでいるのがおそらく五府千歳のみなさん。扶乩信仰、媽祖信仰、王爺千歳信仰それぞれ違う系統ですが、小さいのにいろいろ入り交じった廟です。