淡水霞海城隍府

淡水霞海城隍府は、“霞海”城隍を名乗っているので、迪化街の台北霞海城隍廟と同様、福建・泉州の霞城からお招きした城隍が祀られている廟だと思われます。


淡水の清水巖祖師廟の横から伸びる清水街を歩いていて、ふと路地の向こうをみたらあった廟です。

反対側から見るとこう。

城隍は都市の守り神であるとともに、死者の善悪を裁く霊界裁判官の職能も持ちます。この廟では、そうした死後の世界での役割を強調してこんなライティングになっているように感じます。

右の手前には中壇元帥、左の手前には王天君がいますが、その他は城隍に仕える判官や将軍。馬面の人は牛将軍と対をなしている馬将軍です。牛馬将軍は閻羅王の部下という設定もあるようです。とにかく死後の世界に関係する神様です。

こちらにも中壇元帥と、前の黒くて目をむいているのは池府千歳ではないかと思います。

そして廟の外にある五営旗。でもこの赤い箱、どう見ても消化器をしまうためのものなんだよなあ…