代明宮

台湾本島北部、基隆は古くから港として栄え、日本時代には日本と台湾を結ぶ玄関口となりました。その最も有名かつ、基隆の中心とも言っていい廟は奠濟宮ではないかと思います。奠濟宮の門前には「廟口夜市」という夜市が並びます。代明宮の入り口は、基隆の駅から廟口夜市に向かう途中の細い路地にあります。

商店の間の小さな階段。

見上げると立派な牌楼が建っています。

しかし、この階段を入っていっていいのか一瞬躊躇してしまいます。

ところが、入り口の小ささとは裏腹に、二階に登ると立派な廟が現れます。

帰国後調べてみると、この廟は龍華教という宗教のものでした。龍華教は元々は中国において明代に生まれた民間信仰。宗祖の羅清は寺で禅の修行をした人で、当初仏教を布教するために立教したようです。ところがsの弟子の殷繼南が羅清の思想に道教や儒教などを加えたようです。

それが清代に台湾に伝わり、日本時代には在家仏教宗派として布教を行いました。総統府は龍華教を大雑把に「斎教」にまとめています。

代明宮は、在家仏教信者の張賜歡という人が、源齋堂という仏堂として創建し、三宝仏を本尊として、太陽星君、太陰星君、観世音菩薩などを祀っていました。

戦争中に壊れたため、一階を市場にして二階に再建。一階の家賃を運営費にあてるようになったとのこと。

そして2010年、火災のために三宝仏など多くの文物が焼けてしまったようです。

どうやら三宝仏が焼けてしまって以降は、太陽星君と太陰星君が主祭神となっているようです。「太陽媽廟」という別名からもそれが伺われます。

一般的な道教の廟では太陽星君と太陰星君は玉皇大帝の傍らに控えていることが多いです。道教においては最高神は玉皇大帝であり、太陽も月も星々も、天帝の下につくものです。

太陽星君は単純に太陽が神格化された神様です。本邦の天照大神は女神様ですが、もとは男神で、記紀編纂時に藤原氏の都合で女神にされたなんていう説も出てるけれど真偽のほどは確かめようもありません。

太陰星君は月の女神の嫦娥のこと。西王母より不老不死の薬を盗んで月に逃れた仙女です。ところで嫦娥には、羿という弓の名手の旦那さんがいました。つまりは太陽星君は対にはなっているものの旦那さんではないということになります。

このへん、西王母と対になる東王公が西王母の旦那さんというわけではないというのと似ています。

しかし火災事故による結果とはいえ、太陽星君と太陰星君が主祭神とされているのは珍しいことです。主祭神とされているためか、神名も太陽帝君、太陰皇君となっています。

右側には地蔵王菩薩。

左側には註生娘娘。

後殿に入ると観音仏祖が祀られます。この観音仏祖は、正殿の太陽星君・太陰星君と背中合わせになるように祀られています。こういう配置は他では見たことがありません。通常は正殿と同じ向きになるように祀られます。

右側には文昌帝君。

左側には財神。台湾では五路財神ではなく財神単体で祀られる場合、武財神趙公明が祀られることが多いです。しかしどうやらこちらの財神は文財神です。

経緯を知らなければごく普通の道教の廟のとりあわせです。